コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補ポテンシャルエネルギー停留原理 principle of stationary complementary energy

1件 の用語解説(補ポテンシャルエネルギー停留原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

補ポテンシャルエネルギー停留原理【principle of stationary complementary energy】

力に対して変位のもつ仕事能のことを「補ポテンシャル」という.これはポテンシャルにおける力と変位の役割が交代したものである.記号は π で,πWH となる.

全補ポテンシャルエネルギー(π)を停留させれば(δπ=0)系の真の状態,すなわち釣合と変形適合条件および境界条件を満たす状態が求められること.「全補ポテンシャルエネルギー停留原理」ということもある

なお,全補ポテンシャルエネルギーは停留条件で最小値をとるので,全補ポテンシャルエネルギー最小の原理でもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補ポテンシャルエネルギー停留原理の関連キーワード仮想変位の原理構造材徒人旧劇好奇神事能仮想仕事の法則最小補ポテンシャルエネルギーの原理ベッティの相反定理boarding school

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone