コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補ポテンシャルエネルギー停留原理 principle of stationary complementary energy

法則の辞典の解説

補ポテンシャルエネルギー停留原理【principle of stationary complementary energy】

力に対して変位のもつ仕事能のことを「補ポテンシャル」という.これはポテンシャルにおける力と変位の役割が交代したものである.記号は π で,πWH となる.

全補ポテンシャルエネルギー(π)を停留させれば(δπ=0)系の真の状態,すなわち釣合と変形適合条件および境界条件を満たす状態が求められること.「全補ポテンシャルエネルギー停留原理」ということもある

なお,全補ポテンシャルエネルギーは停留条件で最小値をとるので,全補ポテンシャルエネルギー最小の原理でもある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android