停留(読み)ていりゅう

精選版 日本国語大辞典「停留」の解説

てい‐りゅう ‥リウ【停留】

〙 ある場所にとどまること。また、することをやめること。
※実隆公記‐永正二年(1505)三月四日「行季来、堪忍難叶之間可出奔、其趣以書状内々可長橋之由相談、太不然之由加教訓、但更不之由也」 〔韓愈‐岳陽楼別竇司直詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「停留」の解説

てい‐りゅう〔‐リウ〕【停留】

[名](スル)その場所にとどまること。また、とどめること。「停留しているバス」「停留時間」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「停留」の解説

【停留】ていりゆう(りう)

とどまる。〔捜神記、十五〕曰く、~の容をむに、必ずれ賢ならん。是(ここ)を以て停留し、左右に依憑(いへう)せんとすと。

字通「停」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android