コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補助記憶 ほじょきおく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

補助記憶

記憶装置を補助する記憶装置、記憶媒体のことで、具体的にはハードディスクフロッピーディスクなどを指す。外部記憶装置とも呼ぶ。メインメモリーに使用されるRAMは、電源を切るとデータが消えてしまうため、電源を切る前に補助記憶装置に保存しておく必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

補助記憶【ほじょきおく】

外部記憶とも。コンピューターのファイルを格納する装置。通常磁気ディスク磁気テープ光ディスクなどが用いられ,主記憶に比べはるかに低速。ここに記憶されたファイルは,使用される際,主記憶に移される。
→関連項目主記憶ディスクキャッシュ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

補助記憶の関連キーワードポータブルストレージデバイスcommit chargeダイナミックリロケーションディスクデュプレックス機能ディスクアレイシステム大容量記憶システムフラッシュメモリーストレージデバイス動的アドレス変換レコードブロック直接編成ファイルリモートドライブ仮想アドレス空間ボリュームラベル書き込みエラーブートローダースワップアウトワークファイルブロック間隔スワップイン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android