コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補助記憶 ほじょきおく

2件 の用語解説(補助記憶の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

補助記憶

記憶装置を補助する記憶装置、記憶媒体のことで、具体的にはハードディスクフロッピーディスクなどを指す。外部記憶装置とも呼ぶ。メインメモリーに使用されるRAMは、電源を切るとデータが消えてしまうため、電源を切る前に補助記憶装置に保存しておく必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

補助記憶【ほじょきおく】

外部記憶とも。コンピューターファイルを格納する装置。通常磁気ディスク磁気テープ光ディスクなどが用いられ,主記憶に比べはるかに低速。ここに記憶されたファイルは,使用される際,主記憶に移される。
→関連項目主記憶ディスクキャッシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

補助記憶の関連キーワード外部記憶装置記憶装置ミラーリング主記憶バッファー記憶装置緩衝記憶装置磁気ディスク記憶装置磁気ドラム記憶装置磁心記憶装置リムーバブル記憶装置

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補助記憶の関連情報