コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主記憶 しゅきおく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

主記憶

CPUがデータを直接読み書きできるメモリーのことで、メインメモリー、1次記憶とも呼ばれる。CPUが処理したデータや、ハードディスクなどから読み込んだデータを一時的に保管する場所として使用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

主記憶【しゅきおく】

メインメモリーとも。コンピューターが直接読み書きできる記憶装置。通常半導体記憶装置で構成され,きわめて高速に動作する。コンピューターが実行するプログラムは主記憶上に置かれなければならず,補助記憶上に置かれているプログラムは実行の際に主記憶上に呼び出される。
→関連項目仮想記憶ディスクキャッシュメモリーレジスター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の主記憶の言及

【仮想記憶】より

…コンピューターのメモリー(主記憶)を,実際に装備されているものより,事実上大きく見せかける,オペレーティングシステム(OS)の機能。 コンピューターに1種類のメモリーしかなく,それに対して一様なアクセスができるとプログラムが書きやすい。…

※「主記憶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主記憶の関連キーワードダイナミックリロケーションcommit chargeプログラムカウンター入出力プロセッサーキャッシュメモリーアドレスレジスターノイマン型計算機仮想アドレス空間サイクルスチール動的アドレス変換スワップアウトページファイル半導体メモリーコールドブートメーンメモリーコンパクション補助記憶装置物理アドレス固定区画方式先行制御方式

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主記憶の関連情報