コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補岩 ほがんcomplementary rocks

岩石学辞典の解説

補岩

同一のマグマから分化して生じた岩体で,それらを合わせると母岩とほぼ同一成分となる岩石を互いに補岩という.ある種のアプライト煌斑岩などが例として考えられる(渡辺編 : 1935).一般のマグマから分化した岩石型で,特定の地域に伴われて産出する.ボストン岩(bostonite)やカンプトン岩(camptonite)などがその例である[Broegger : 1894].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android