コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補岩 ほがん complementary rocks

1件 の用語解説(補岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

補岩

同一のマグマから分化して生じた岩体で,それらを合わせると母岩とほぼ同一成分となる岩石を互いに補岩という.ある種のアプライトと煌斑岩などが例として考えられる(渡辺編 : 1935).一般のマグマから分化した岩石型で,特定の地域に伴われて産出する.ボストン岩(bostonite)やカンプトン岩(camptonite)などがその例である[Broegger : 1894].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補岩の関連キーワードマグマ分化作用複貫入ハイポマグマテイック岩脈岩漿異質正熔的岩ユーマグマテイックポリテクティック静マグマ分化作用反応分化作用正熔的

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補岩の関連情報