コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製粉機 せいふんきflour mill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製粉機
せいふんき
flour mill

一般に小麦,穀類などを破砕して,その皮を取除き,内質にあたる部分を粉にするための機械。工場生産のために用いられるものには,ロール型製粉機 (ロールの間でをつぶすもの) や衝撃型製粉機 (突起のある回転板を高速度で回転させて粒に衝撃を与えるもの) ,ひき臼型製粉機などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

製粉機【せいふんき】

穀類を粉砕して粉とする機械。主として小麦製粉機をいう。挽砕(ばんさい)部とふるい分け部からなり,挽砕部には臼(うす)型,円錐鉄臼型,衝撃型,ロール型などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

製粉機の関連キーワード機械(machine)スジコナマダラメイガ風車(ふうしゃ)農業機械工業ローラーミル雨宮敬次郎ラテノー真崎照郷エバンズ日本製粉小麦粉レニー製粉業

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製粉機の関連情報