コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製粉機 せいふんき flour mill

2件 の用語解説(製粉機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製粉機
せいふんき
flour mill

一般に小麦,穀類などを破砕して,その皮を取除き,内質にあたる部分を粉にするための機械。工場生産のために用いられるものには,ロール型製粉機 (ロールの間で粒をつぶすもの) や衝撃型製粉機 (突起のある回転板を高速度で回転させて粒に衝撃を与えるもの) ,ひき臼型製粉機などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

製粉機【せいふんき】

穀類を粉砕して粉とする機械。主として小麦製粉機をいう。挽砕(ばんさい)部とふるい分け部からなり,挽砕部には臼(うす)型,円錐鉄臼型,衝撃型,ロール型などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

製粉機の関連キーワード栄耀に餅の皮を剥く面の皮を剥ぐ腹の皮を捩る腹の皮を縒る身の皮を剥ぐ化けの皮を剥がすコールドプレストマトピューレーピューレーシリサイト

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

製粉機の関連情報