コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内質 ないしつ endoplasm

翻訳|endoplasm

1件 の用語解説(内質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内質
ないしつ
endoplasm

原生動物の中の部分をいう。内部原形質,内肉,肉形質ともいう。表面に近い外質に比べ流動性に富み,顆粒や泡沫を有し,ゾル状で,原形質流動が明瞭に認められることが多い。アメーバ運動や食胞の移動,消化と重要な関係がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内質の関連キーワード偽足後生動物側生動物放散虫原形質運動原虫肉質類腹部原形質体微胞子虫目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone