コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合エネルギー時代 ふくごうエネルギーじだいmultiple energy era

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合エネルギー時代
ふくごうエネルギーじだい
multiple energy era

各種エネルギーの特質を生かし,需要家の多様化,ニーズの高度化に適合する多様なエネルギー供給システムを形成していく時代のこと。資源エネルギー庁の「21世紀エネルギー・ビジョン」 (1986年 11月) の中で打ち出された。快適さへの要求の高度化とともに,電力に対しては電圧や周波数の多様化,また熱に対しては温度や供給量に対する要求が多様化してくることが予想される。エネルギー政策の目標としては,これらのニーズの適合性に加え,セキュリティ確保,コスト低減があげられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone