コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複導体 ふくどうたいdouble conductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複導体
ふくどうたい
double conductor

送電線の1相の導線が複数のもの。超高圧送電線で,電流1相あたりの線条数を2条以上とし,これを適当な間隔に配置して使用する方法。これによりコロナ臨界電圧が高くなり,コロナ発生の阻止,コロナ雑音障害の防止にきわめて有効であり,線路のインダクタンスが減少し,送電容量を増すことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android