コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褪める サメル

デジタル大辞泉の解説

さ・める【×褪める】

[動マ下一][文]さ・む[マ下二]《「冷める」と同語源》染などによってつけられた色の度合いが弱まる。色が薄くなる。あせる。「着古して色の―・めた背広
褪(あ)せる[用法]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さめる【褪める】

( 動下一 ) [文] マ下二 さ・む
〔「冷める」と同源〕
長い時間が経過したり、光に当たったりして、色が薄くなる。あせる。 「表紙の色が-・める」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

褪めるの関連キーワード褪せる同源

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android