コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褪せる/浅せる アセル

デジタル大辞泉の解説

あ・せる【×褪せる/浅せる】

[動サ下一][文]あ・す[サ下二]
(褪せる)もとの色やつやが薄くなる。色がさめる。退色する。「日に焼けて染色が―・せる」
(褪せる)盛んだったものが衰える。もとの勢いが失せる。「才気が―・せる」「―・せた思い出」
(浅せる)川や海などの水がかれる。
「山は裂け海は―・せなん世なりとも君にふた心わがあらめやも」〈金槐集
[用法]あせる・さめる――「カーテンの色があせて(さめて)しまった」などでは相通じて用いられる。◇「あせる」は「花の色があせた」「色あせた恋」のように、光線や時間のために、色彩などが薄らぐことをいう。これらの場合は、「さめる(褪める)」と置き換えられない。◇「さめる」は「色のさめた制服」「夏の日焼けもようやくさめた」のように、染色などが薄くなり、地色に近くなることをいう。「日焼け」などでは「あせる」は用いない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あせる【褪せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 あ・す
〔「浅す」と同源〕
時間が経過したり、光線が当たったりして、色・つやなどが薄くなる。色がさめる。 「色-・せた洋服」
もとの美しさや力を失う。衰える。 「色香が-・せる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

褪せる/浅せるの関連キーワード才気色香同源

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android