コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褪せる/浅せる アセル

2件 の用語解説(褪せる/浅せるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ・せる【×褪せる/浅せる】

[動サ下一][文]あ・す[サ下二]
(褪せる)もとの色やつやが薄くなる。色がさめる。退色する。「日に焼けて染色が―・せる」
(褪せる)盛んだったものが衰える。もとの勢いが失せる。「才気が―・せる」「―・せた思い出」
(浅せる)川や海などの水がかれる。
「山は裂け海は―・せなん世なりとも君にふた心わがあらめやも」〈金槐集
[用法]あせる・さめる――「カーテンの色があせて(さめて)しまった」などでは相通じて用いられる。◇「あせる」は「花の色があせた」「色あせた恋」のように、光線や時間のために、色彩などが薄らぐことをいう。これらの場合は、「さめる(褪める)」と置き換えられない。◇「さめる」は「色のさめた制服」「夏の日焼けもようやくさめた」のように、染色などが薄くなり、地色に近くなることをいう。「日焼け」などでは「あせる」は用いない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あせる【褪せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 あ・す
〔「浅す」と同源〕
時間が経過したり、光線が当たったりして、色・つやなどが薄くなる。色がさめる。 「色-・せた洋服」
もとの美しさや力を失う。衰える。 「色香が-・せる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褪せる/浅せるの関連キーワード似せる寝かせる寝せる飲ませる光らせる遣らせる読ませる痂せるま・せる煮合せる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone