コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襖子 アオシ

デジタル大辞泉の解説

あお‐し〔アヲ‐〕【×襖子】

襖(あお)3」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の襖子の言及

【襖】より

…衣服の一種(図)。古く中国では襖子と書き,日本ではこれを〈あお〉〈あおし〉とよんでいた(《和名抄》)。中国では,これを古代北方民族の胡服(こふく)として用いなかったが,6世紀後半の北斉から一般に用いられるようになり,袷(あわせ)の上衣として,袴(こ)とともに着用した。…

【小袖】より

…しかし身分の相違を強調するため盤領(あげくび)の表着を服制とした貴族社会では,気温の調節のためこれを下着として利用した。平安中期ころまで(あお)という名は,庶民では表着の労働服をさしたが,貴族の間では表に着る脇の開いた服で,庶民の襖にあたるものはむしろ下着の襖子(あおし)であった。また同系統の(あこめ)も貴族社会では服制化したが,それは庶民の襖の装飾化したものである。…

※「襖子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

襖子の関連キーワード襖(衣服)束帯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android