コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汗衫 かざみ

7件 の用語解説(汗衫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汗衫
かざみ

汗取りの衣服の意。奈良時代には一般の男女が布 (麻) 製で窄袖 (さくしゅう) の単 (ひとえ) の汗衫を着た。平安時代中期以降になると,汗衫は童女の正装をさすようになり,形も闕腋 (けってき) の (ほう) に似た裾の長いものになった。その構成は汗衫,半臂 (はんぴ) ,下襲 (したがさね) ,表袴 (うえのはかま) ,玉帯であったが,のちに簡略化して汗衫,表着, (あこめ) ,表袴,下袴となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かざみ【×衫】

《「汗衫」の字音「かんさん」の音変化》
衣類に汗がにじむのを防ぐために着た単(ひとえ)の下着。あせとり。
「山吹の絹の―よくさらされたる着たるが」〈宇治拾遺・一一〉
平安時代以降、後宮に奉仕する童女が表着(うわぎ)の上に着た正装用の服。脇が明き、裾を長く引く。この服装のとき、濃(こき)の袴(はかま)に表袴(うえのはかま)を重ねてはく。
「―着たる人、いと若う清げなる、十余人ばかり物語して」〈落窪・二〉

かん‐さん【汗×衫】

かざみ(汗衫)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かざみ【汗衫】

もと一般男女の夏の衣であったが,装束の下にも重ねられ,また,のちには童女の表衣の名称となった。衫(さん)は袖の短い単(ひとえ)のことで,これを装束の下に重ね,のちの汗取(あせとり)や下襲(したがさね)のようなものであった。《延喜式》には天皇の夏冬の衣料にも〈汗衫〉があり,色は藍と葡萄(えび)と白であったが,一般には白が多く用いられた。のち汗衫は下襲と同意語に用いられたこともあるが,平安時代の中期からはもっぱら童女の表衣の名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かざみ【汗衫】

〔字音「かんさん」の転〕
汗取りの麻の単ひとえの衣。男女共に用いた。 「山吹の絹の-よくさらされたる着たるが/宇治拾遺 11
平安時代以降、初夏に童女・宮女などが衵あこめの上に着た、正装用の表着。両脇があき、裾を長く引く。 「 -の袖に蛍をとらへて/大和 40

かんさん【汗衫】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汗衫
かざみ

公家(くげ)童女に用いられた上着で、晴(はれ)と褻(け)の2種がある。形式は、身頃(みごろ)が二幅単(ふたのひとえ)仕立て、垂領(たりくび)と盤領(あげくび)とがあったようで、両腋(わき)があいている。晴には裾(すそ)を長く引くのを特色とし、下に数領の衵(あこめ)を襲(かさ)ね単を着て、長袴(ながばかま)の上に表袴をはく。褻には切袴の上に、対丈(ついたけ)のものを用いた。奈良時代から平安初期にかけて、貴族の男女がともに用いた汗衫(かんさん)といわれる下着が上着として用いられるようになり、もっぱら童女の用いるものとなった。名称も「かむさむ」から「かざみ」になったのであろう。『枕草子(まくらのそうし)』に「など、汗衫は。尻長(しりなが)と言へかし」、「汗衫は春は躑躅(つつじ)、桜、夏は青朽葉(くちば)、朽葉」とあり、また『源氏物語』(蛍)に「菖蒲襲(さうぶがさね)の衵、二藍(ふたあゐ)の羅(うすもの)の汗衫着たる童(わら)べぞ、西の対のなめる」とある。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone