襟足/領脚(読み)エリアシ

精選版 日本国語大辞典の解説

えり‐あし【襟足】

〘名〙 耳から首のうしろにかけて、左右の髪の生え際が下へ延びているところ。
洒落本・玉之帳(1789‐1801頃)二「ゑりあしの所からゆきのよふなむねへかけて」
[補注]首のうしろの髪の生え際が円いのは「坊主えり」といっていやがり、左右に長く足のように延びて見えるのをよいとした。そのため、中央の髪をそり、白粉を塗って足を目立たせることが多かった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android