コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲来 シュウライ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐らい〔シフ‐〕【襲来】

[名](スル)
激しい勢いでおそいかかってくること。来襲。「敵機が襲来する」「蒙古(もうこ)襲来
古くから受け継ぐこと。
「久く―せる門閥の弊を廃し」〈田口日本開化小史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうらい【襲来】

( 名 ) スル
襲いかかってくること。来襲。 「敵機が-する」
受け継ぐこと。 「久く-せる門閥の弊を廃し/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

襲来の関連キーワード長禄・寛正の飢饉シーボルト台風文永・弘安の役嵐の前の静けさ異国警固番役富士川の戦い長門警固番バシー海峡マクシムス大矢野種保二百十日ウェルズ斎藤資定安達盛宗草野経永詫磨顕秀河野通有武田信時田尻種重少弐経資

襲来の関連情報