襲来(読み)シュウライ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐らい〔シフ‐〕【襲来】

[名](スル)
激しい勢いでおそいかかってくること。来襲。「敵機が襲来する」「蒙古(もうこ)襲来
古くから受け継ぐこと。
「久く―せる門閥の弊を廃し」〈田口日本開化小史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうらい【襲来】

( 名 ) スル
襲いかかってくること。来襲。 「敵機が-する」
受け継ぐこと。 「久く-せる門閥の弊を廃し/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐らい シフ‥【襲来】

〘名〙
① はげしく襲いかかって来ること。不意に攻めよせて来ること。来襲
八幡愚童訓(甲)(1308‐18頃)下「彼上人遷化の後は、異賊襲来する事も無りけり」
② 昔から受けついで来ること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「久く襲来せる門閥の弊を廃し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襲来の関連情報