襲来(読み)しゅうらい

精選版 日本国語大辞典「襲来」の解説

しゅう‐らい シフ‥【襲来】

〘名〙
① はげしく襲いかかって来ること。不意に攻めよせて来ること。来襲
※八幡愚童訓(甲)(1308‐18頃)下「彼上人遷化の後は、異賊襲来する事も無りけり」
② 昔から受けついで来ること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「久く襲来せる門閥のを廃し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「襲来」の解説

しゅう‐らい〔シフ‐〕【襲来】

[名](スル)
激しい勢いでおそいかかってくること。来襲。「敵機襲来する」「蒙古もうこ襲来
古くから受け継ぐこと。
「久く―せる門閥の弊を廃し」〈田口日本開化小史
[類語]来襲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android