門閥(読み)モンバツ

デジタル大辞泉の解説

《「」は功を門に掲げて示す札》
世間で認めている、家の格づけ。家柄。家格。門地。
家柄のよい家が、互いに血縁関係を結んでつくった閥。
門閥家(か)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「閥」は功を門に掲げて記す札の意)
① 家の貴賤について、昔から世間で認めている格付。家柄。門地。
※杜詩続翠抄(1439頃)五「今は祇其人而門閥の高も不入」 〔北史‐辛術伝〕
② 家柄の良い家。門閥家。
※新聞雑誌‐三号・明治四年(1871)六月「各藩知事に至ては多くは門閥(モンバツ)を用ひられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門閥の関連情報