コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ベルリン ニシベルリン

デジタル大辞泉の解説

にし‐ベルリン【西ベルリン】

ベルリンの西部地域。第二次大戦後、アメリカ・イギリス・フランス3国の管理となり、1950年以降1990年まで西ドイツの一州を構成していた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしベルリン【西ベルリン】

ベルリン市の西半分。第二次大戦後、米・英・仏・ソによって分割占領されたベルリンのうち米・英・仏が占領した地域。東西ドイツの統一以前は、旧東ドイツ国内にあって旧西ドイツの一州をなした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西ベルリン
にしべるりん
West-Berlin

ドイツの首都ベルリンのうち、第二次世界大戦後イギリス、アメリカ、フランス、ソ連の4国共同占領地区で、ソ連を除く3国共同管理下にあった西側部分。1949~90年はドイツ連邦共和国(西ドイツ)の一州であった。12区からなり、面積480平方キロメートル(旧ベルリンの54.4%)。人口は1945年(分割当時)約230万、85年185万2700であった。「赤い海に浮かぶ島」として、共産主義ドイツ民主共和国(東ドイツ)内に孤立して存在し、西側資本主義国のショーウインドーであった。第二次世界大戦後の人口減少を抑えるため、各種の優遇措置によって、企業、人口の引き止め策を図ってきたが、ドイツ統一後これらの優遇措置は撤廃された。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西ベルリンの関連キーワードクラウス ウォーウェライトA.C. シュプリンガーマックス・プランク協会ドイツ連邦共和国基本法アク・バン ルーエンエルンスト ロイターイングリッド ピットビクター フェザールートヴィヒ レオコリア ブラッハーベルリン国際映画祭クラウス シュッツリビアと国際社会ネフェルティティシセル トラースペルガモン美術館D. シュトッベシェーネベルクダーレム美術館ワイツゼッカー

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西ベルリンの関連情報