コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西八条禅尼 にしはちじょうぜんに

2件 の用語解説(西八条禅尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西八条禅尼 にしはちじょうぜんに

1193-1274 鎌倉時代,源実朝(さねとも)の妻。
建久4年生まれ。坊門信清の娘八条禅尼とも。夫が暗殺されたのち出家し,京都にかえり大通寺を創建してその冥福(めいふく)をいのった。文永11年9月18日死去。82歳。法名は本覚尼。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西八条禅尼

没年:文永11.9.10(1274.10.11)
生年:建久4(1193)
鎌倉時代の公家の女性。坊門信清の娘。元久1(1204)年,将軍源実朝の御台所として鎌倉に下向。この婚姻は,鎌倉幕府と朝廷の融和策として最上の手段であり,父信清は,幕府に朝廷側の意向を代弁する立場に立つことになった。実朝との仲は睦まじく,その母政子ともよく寺や堂に参詣している。たとえば,建保1(1213)年の和田義盛の乱で営中が焼失したとき,実朝,御台所,政子は相次いで大江広元亭に入った。政子の意見により,実朝の兄頼家の娘を猶子としたこともあった。なお,御台所に祗候する侍には地頭職が与えられており,御家人層にとって主君の立場にあったことがわかる。承久1(1219)年,実朝が殺害され出家。京都に住み,本覚尼とも呼ばれた。同3年の承久の乱後鳥羽上皇方にくみした兄坊門忠信の助命を政子に願い,許されている。また亡夫実朝の菩提を弔うため西八条邸内に遍照心院を建立,自ら置文を定めた。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西八条禅尼の関連キーワード卿局永安門院正覚尼少納言典侍大納言局(1)坊門隆清坊門忠清坊門局(2)坊門局(3)坊門信清女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone