冥福(読み)ミョウフク

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐ふく ミャウ‥【冥福】

〘名〙 =めいふく(冥福)〔運歩色葉(1548)〕
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「此の如くして死すれば、死後必らず冥福(ミャウフク)を得るとし」

めい‐ふく【冥福】

〘名〙
① 前世からの因縁による幸福。また、人や仏の陰徳によって与えられる幸福。
※続日本紀‐神亀二年(725)九月壬寅「憑此冥福、冀除災異焉」
② 死後の幸福。また、死後の幸福を祈って仏事をいとなむこと。追善
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「修冥福以薦亡者
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「請ふ余の為めに死後の冥福(メイフク)を祈れと」 〔北史‐崔挺伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冥福の関連情報