コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西原理恵子 さいばらりえこ

1件 の用語解説(西原理恵子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

西原理恵子

日本のマンガ家。1964年11月1日。高知県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。1988年「ちくろ幼稚園」(小学館「週刊ヤングサンデー」)でデビュー。その後、「週刊朝日」連載のグルメレポート漫画『恨ミシュラン』で一躍人気になる。ギャンブルなどを扱う作品も多く、その執筆の際には、パチンコや高レートの麻雀、FX投資などを実際に行った。それによって失った金額は10年間で約5000万円と本人は語っている。96年、フォトジャーナリストの鴨志田穣(07年、腎がんで逝去)と結婚、一男一女をもうけたが、鴨志田のアルコール依存症などが原因で離婚。97年、『ぼくんち』で文藝春秋漫画受賞、05年、『毎日かあさん』で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、同年『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞、11年、『毎日かあさん』で第40回日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞した。12年10月、美容外科「高須クリニック」院長の高須克弥氏との「熱愛宣言」を週刊誌上で、2人の対談形式で行い話題となった。

(2012-10-16)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西原理恵子の関連キーワード水マンガン鉱ゾンド国際漫画賞中野純子緑マンガン鉱あの町この町サイボーグ009の日日本茶の日残留孤児・婦人訴訟判決満洲日日新聞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西原理恵子の関連情報