西山 夘三(読み)ニシヤマ ウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

西山 夘三
ニシヤマ ウゾウ

昭和・平成期の建築学者 京都大学名誉教授。



生年
明治44(1911)年3月1日

没年
平成6(1994)年4月2日

出生地
大阪府大阪市此花区

学歴〔年〕
京都帝国大学工学部建築学科〔昭和8年〕卒

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞学術賞〔昭和18年〕,毎日出版文化賞(第2回)〔昭和23年〕「これからのすまい」,日本エッセイストクラブ賞(第14回)〔昭和41年〕「住み方の記」,勲二等瑞宝章〔昭和58年〕,日本建築学会大賞〔昭和61年〕

経歴
石本建築事務所勤務、住宅営団研究員を経て、昭和19年京都帝国大学営繕課課長、21年建築学科助教授、36年京都大学教授、49年退官し名誉教授。日本建築学会副会長も務めた。住まい方を軸にした庶民の住宅問題が専門だった。著書に「これからのすまい」「住み方の記」「日本の住宅問題」「すまいの思想」「まちづくりの構想」、漫画小説「ああ楼台の花に酔う」があるほか、「西山夘三著作集」(全4巻)もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西山 夘三 (にしやま うぞう)

生年月日:1911年3月1日
昭和時代;平成時代の建築学者。京都大学教授;日本建築学会副会長
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西山 夘三の関連情報