西岔溝古墓(読み)せいたこうこぼ(英語表記)Xī chà gōu gǔ mǔ

世界大百科事典 第2版の解説

せいたこうこぼ【西岔溝古墓 Xī chà gōu gǔ mǔ】

中国,遼寧省西豊県執中村の北西約500mの丘陵上にある古墓群。墓の構造は,ほぼ一様に長方形竪穴土坑墓で,長さ約1.7m,幅約0.8mの単身葬を基本とする。被葬者は大部分が青・壮年で老人は少ない。いずれも武器を身につけ,馬具と土器をともなった埋葬状況を示し,遊牧部族の氏族公共墓地を形成している。副葬品では武器,馬具,服飾品に特色がある。武器には刀剣が多種類あり,漢式の環頭柄頭(つかがしら)の鉄刀,青銅製柄頭に鉄剣を装着したものなどのほか,いわゆる触角式の青銅柄頭に鉄剣身を着けたものは特色がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android