西濃大理石(読み)せいのうだいりせき

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

西濃大理石[石工]
せいのうだいりせき

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
大垣市・不破郡関ケ原町で製作されている。美濃赤坂の金生山で産出される西濃大理石。紅更紗・黄更紗・五色石は、日本唯一の多色原石で世界的にも貴重なものである。江戸時代後期の1830(天保元)年、赤坂で彫刻師が、硯・文鎮などを彫刻したことに始まるという。現在では、建築材が大部分であるが、置物や花器・装身具などに加工されたものもある。岐阜県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android