コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置物 オキモノ

デジタル大辞泉の解説

おき‐もの【置物】

神仏に供える物。
床の間などに置く飾り物。
見かけだけで、実際にはなんの力も権限もない人。「置物の会長」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おきもの【置物】

床の間や机の上などに、装飾のため据え置く物。
形だけで実際には役に立たない人。
神仏の前に置いて供える物。 「此より始めて厳瓮いつへの-有り/日本書紀 神武訓
衣服につけて、飾りにする物。 「上着・唐衣には、花結び、ぬひもの、-、かねをのべ/たまきはる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

置物の関連キーワードロイヤルコペンハーゲン海野 美盛(2代目)福岡積層工芸ガラス一幅掛け・一幅掛たぬき休むでぇ~スノーグローブ海野勝【みん】愛知県尾張旭市オーナメント屋根飾瓦細工干支供養の日大谷石細工佐々木象堂木村作十郎川原弥五郎懐玉斎正次冨木伊助麒麟獅子後藤功祐上総荷車

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置物の関連情報