コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置物 オキモノ

デジタル大辞泉の解説

おき‐もの【置物】

神仏に供える物。
床の間などに置く飾り物。
見かけだけで、実際にはなんの力も権限もない人。「置物の会長」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきもの【置物】

床の間や机の上などに、装飾のため据え置く物。
形だけで実際には役に立たない人。
神仏の前に置いて供える物。 「此より始めて厳瓮いつへの-有り/日本書紀 神武訓
衣服につけて、飾りにする物。 「上着・唐衣には、花結び、ぬひもの、-、かねをのべ/たまきはる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

置物の関連キーワードロイヤルコペンハーゲン東京アンチモニー工芸品海野 美盛(2代目)福岡積層工芸ガラスたぬき休むでぇ~一幅掛け・一幅掛海野勝【みん】スノーグローブ石岡府中杉細工佐々木 象堂ひたち欅細工屋根飾瓦細工九十九里漁船オーナメント干支供養の日懐玉斎正次佐々木象堂大谷石細工木村作十郎後藤功祐

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置物の関連情報