置物(読み)オキモノ

デジタル大辞泉の解説

おき‐もの【置物】

神仏に供える物。
床の間などに置く飾り物。
見かけだけで、実際にはなんの力も権限もない人。「置物の会長」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきもの【置物】

床の間や机の上などに、装飾のため据え置く物。
形だけで実際には役に立たない人。
神仏の前に置いて供える物。 此より始めて厳瓮いつへの-有り/日本書紀 神武訓
衣服につけて、飾りにする物。 上着・唐衣には、花結び、ぬひもの、-、かねをのべ/たまきはる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おき‐もの【置物】

〘名〙 すえて置くもの。
① 神仏の前に置いて、供える物。
※書紀(720)神武即位前戊午年九月(熱田本訓)「より始めて厳瓮(いつへ)の置(ヲキモノ)有り」
② 室内、特に床の間や机の上などにすえ置いて、装飾とする器物。
※吾妻鏡‐暦仁元年(1238)一一月一七日「於御所和歌御会。〈略〉有盃酒置物等云々」
③ 衣服につけて、飾りにする物。
たまきはる(1219)「上着、唐衣には、花結び、ぬひもの、おき物、かねをのべ、箔をおし、などしあひたりき」
④ 実際の用に立てるのではなく飾り物のように扱うこと。また、その扱われるもの。
雑俳・滑稽発句類題集(1817‐31)二「置物にする女房は獅子っ鼻」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置物の関連情報