コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文鎮 ブンチン

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐ちん【文鎮】

紙や書類が飛んだり動いたりしないように、重しとしてのせる文房具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんちん【文鎮】

紙や書物が風で散ったりめくれたりしないように、おもしとしてその上に置く文具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文鎮
ぶんちん

文房具の一つで、文書や紙類が動かぬように置く道具の総称。(ちんし)ともいい、古くは書鎮(しょちん)(『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』)、卦算(けいさん)(界算とも。『日本釈名(にほんしゃくみょう)』)ともいった。一般に流布するものには、棒状でつまみのある金属製のものが多いが、重さがあれば小物でも用を足すため、古来多種多様の器物が利用された。鉄・銅などの金属をはじめ、石、象牙(ぞうげ)、玉(ぎょく)、紫檀(したん)、黒檀、陶磁、ガラスなど材質も豊富で、形状もさまざまである。硯山(けんざん)、印材、古銅印、鐔(つば)、矢立(やたて)などの転用品も多い。[神崎充晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文鎮の関連キーワード枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳押さえる・押える・抑える甲賀三郎(推理作家)ミレフィオリ・ガラスペーパーウエート紙押さえ・紙押えスノードームフラット組織西濃大理石卦算・圭算文鎮型組織付け書院駿河漆器座敷飾り押える和時計紙押え文鎮化薩摩焼冬休み

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文鎮の関連情報