コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田当百 にしだ とうひゃく

1件 の用語解説(西田当百の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西田当百 にしだ-とうひゃく

1871-1944 明治-昭和時代前期の川柳作家。
明治4年2月21日生まれ。28歳のとき大阪毎日新聞社活版部にはいる。勤務のかたわら,35歳ごろから川柳をはじめる。大正2年岸本水府らと番傘川柳社をつくり,柳誌「番傘」を発行した。昭和19年6月30日死去。74歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。本名は嘉吉。句集に「当百句集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の西田当百の言及

【川柳】より

…2人はそれぞれ《日本》《電報》両新聞に拠って普及につとめた。剣花坊門の村田周魚は《川柳きやり》(1920),川上三太郎は《川柳研究》(1929)を発刊し,久良伎門の前田雀郎は24年丹若会を結成,今井卯木が1909年関西川柳社を創立,西田当百,岸本水府の《番傘》(1913),麻生路郎(じろう)の《川柳雑誌》(1924),椙元(すぎもと)紋太の《ふあうすと》(1929)が生まれるに至った。吟社の数は現在では全国800余社を数えるに至っている。…

※「西田当百」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西田当百の関連キーワード伊藤銀月内田徳郎香川ミドリ鳥居清種(2代)中村寛澄林重浩林仙之福垣真応牧野充安森岡常蔵

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone