コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西表島の節祭(しち)

1件 の用語解説(西表島の節祭(しち)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

西表島の節祭(しち)

沖縄県の西表島祖納地区と干立(ほしだて)(「星立」とも)地区に伝わる民俗行事。豊年祭の一種で、旧暦10月前後のつちのと亥の日を含む3日間行われる。初日は「年の晩」と呼ばれる家庭行事、二日目は「世乞(ゆうく)い」という舟漕ぎ競争など数々の芸事が行われ、三日目に水恩感謝行事が催される。1991年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西表島の節祭(しち)の関連キーワード西表島鳩間島西表西表国立公園祖納港ほしだ園地沖縄県八重山郡竹富町西表沖縄県八重山郡竹富町古見沖縄県宮古郡沖縄県八重山郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone