コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西表島の節祭(しち)

デジタル大辞泉プラスの解説

西表島の節祭(しち)

沖縄県の西表島祖納地区と干立(ほしだて)(「星立」とも)地区に伝わる民俗行事。豊年祭の一種で、旧暦10月前後のつちのと亥の日を含む3日間行われる。初日は「年の晩」と呼ばれる家庭行事、二日目は「世乞(ゆうく)い」という舟漕ぎ競争など数々の芸事が行われ、三日目に水恩感謝行事が催される。1991年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

西表島の節祭(しち)の関連キーワード沖縄県

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android