コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要素別原価計算 ようそべつげんかけいさんKostenartenrechnung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

要素別原価計算
ようそべつげんかけいさん
Kostenartenrechnung

費目別原価計算ともいう。一定期間の原価要素を費目別に分類,測定する手続であり,財務会計における費用計算であると同時に原価計算の第1次の計算段階である。原価要素の分類は原則として形態別分類を基礎とし,これを直接費と間接費に分け,さらに必要に応じ機能別分類を加味して次のように行われる。直接材料費=主要材料費 (原料費) ,買入部品費,直接労務費=直接賃金,直接経費=外注加工費,間接材料費=補助材料費,工場消耗品費など,間接労務費=間接作業賃金,間接工賃金など,間接経費=福利施設負担額,厚生費,減価償却費など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

要素別原価計算の関連キーワード費目別原価計算

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android