コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覇権安定論 はけんあんていろんtheory of hegemonic stability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覇権安定論
はけんあんていろん
theory of hegemonic stability

ある一国の勢力が他国を圧倒するほどに優越している覇権構造が存在するときに国際レジーム (体制) が安定し,逆に,覇権国が衰退するとそのレジームは不安定ないし変容を示す,とする国際政治経済理論。単独国が指導的地位にある状態においてのみ国際経済体制は安定するという C.キンドルバーガーの命題 (1973) を覇権という政治概念に結びつけて理論化したもの。アメリカの経済的地位の相対的低下に対する 1970年代当時の研究者の共通した深い関心を反映して,国際政治経済の長期的動向を,特に自由貿易体制と覇権の存在との関係に焦点を当てて解明しようとする試みのなかでしばしば適用された。しかし,80年代になると,この理論は必ずしも個々の具体的な歴史的事実と整合しないことが検証され,また大国支配を正当化するとの批判などを受けることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

覇権安定論の関連キーワード国際公共財

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android