コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見るようだ ミルヨウダ

2件 の用語解説(見るようだの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みる◦ようだ〔みるやうだ〕【見るようだ】

[連語]《動詞「みる」の連体形+比況の助動詞「ようだ」。近世江戸語》似たものとしてたとえる意を表す。
「洗ひ粉の看板を―◦やうに、顔と手先ばかり白い女がゐらあ」〈滑・膝栗毛・初〉
[補説]近世後期に「…を見るようだ」の形で用いられたが、「を」を伴わず、直接体言に付く形も見られる。→見たようだ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みるようだ【見るようだ】

( 連語 )
〔動詞「見る」に比況の助動詞「ようだ」の付いたもの。近世江戸語〕
比況の意味で、くらべたとえて言うのに用いられる。 「この大ぜいの連中がそこや爰ここにかたまつた所は、白魚のねはんを-・やうだね/洒落本・通仁枕言葉」 「この浄瑠璃本の三勝を-・やうなわたしの身のうへ/人情本・娘節用」 「色のなまじらけた日影の瓢簞-・やうなしやつつらだ/滑稽本・膝栗毛 8」 〔「を見るようだ」の形で多く用いられたが、時に「を」を伴わずに体言に直接つづけて用いることもあった。近世江戸語では、「(を)見たようだ」の形も行われ、のちには「見たようだ」のほうが一般化し、明治期にも用いられ、助動詞「みたいだ」の原形となった〕 → みたようだ(連語)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見るようだの関連キーワード在りし有るまじき如き為せるなのでなのに有りける有るべき動かぬ適わぬ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見るようだの関連情報