コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見たようだ ミタヨウダ

2件 の用語解説(見たようだの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みた◦ようだ〔みたヤウだ〕【見たようだ】

[連語]《動詞「みる」の連用形+完了の助動詞「た」+比況の助動詞「ようだ」》
似たものとしてたとえる意を表す。
「縛られては居ないが同心を―◦ような者が付て脇屋が廊下を通って行った」〈福沢福翁自伝
「売薬屋の銅人形―◦やうに看板にされたばかりも」〈滑・浮世風呂・三〉
例として示す意を表す。
「君―◦ように叡山へ登るのに、若狭迄突き貫ける男は」〈漱石虞美人草
[補説]近世後期から明治期にかけては「…を見たようだ」の形で用いられたが、のちに「を」を伴わず、直接体言に付くようになった。この語が転じて「みたいだ」となる。→見るようだ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みたようだ【見たようだ】

( 連語 )
〔動詞「みる(見る)」に完了の助動詞「た」を添えた「見た」に比況の助動詞「ようだ」の付いたもの。近世後期から明治期へかけての語〕
比べたとえていう意を表す。 「小説-・やうな話があるといふのさ/腕くらべ 荷風」 「売薬屋の銅人形-・やうに看板にされたばかりもつまらねえぢやあねえか/滑稽本・浮世風呂 3」 「百で買た馬か磁石ぎしやくの剣を-・やうに横倒しに寝そべつ居て/滑稽本・浮世風呂 2
例として示す意を表す。 「己れ-・やうな変な物が世間にも有るだらうかねえ/わかれ道 一葉」 「お前-・やうにそう無暗に二郎の口車に乗つちやいけないよ/行人 漱石」 〔近世江戸語では「を見たようだ」の形で多く用いられたが、のちに「を」を伴わずに体言に直接つづけて用いるようになった。この語の転として、明治中期以降、助動詞「みたいだ」が成立した〕 → みるようだ(連語)みたいだ(助動詞)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見たようだの関連キーワード敢へなむ有りつるてきてけり垂んとすにきにけりにたり隠れたたりけり

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見たようだの関連情報