コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見たようだ ミタヨウダ

2件 の用語解説(見たようだの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みた◦ようだ〔みたヤウだ〕【見たようだ】

[連語]《動詞「みる」の連用形+完了の助動詞「た」+比況の助動詞「ようだ」》
似たものとしてたとえる意を表す。
「縛られては居ないが同心を―◦ような者が付て脇屋が廊下を通って行った」〈福沢福翁自伝
「売薬屋の銅人形―◦やうに看板にされたばかりも」〈滑・浮世風呂・三〉
例として示す意を表す。
「君―◦ように叡山へ登るのに、若狭迄突き貫ける男は」〈漱石虞美人草
[補説]近世後期から明治期にかけては「…を見たようだ」の形で用いられたが、のちに「を」を伴わず、直接体言に付くようになった。この語が転じて「みたいだ」となる。→見るようだ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みたようだ【見たようだ】

( 連語 )
〔動詞「みる(見る)」に完了の助動詞「た」を添えた「見た」に比況の助動詞「ようだ」の付いたもの。近世後期から明治期へかけての語〕
比べたとえていう意を表す。 「小説-・やうな話があるといふのさ/腕くらべ 荷風」 「売薬屋の銅人形-・やうに看板にされたばかりもつまらねえぢやあねえか/滑稽本・浮世風呂 3」 「百で買た馬か磁石ぎしやくの剣を-・やうに横倒しに寝そべつ居て/滑稽本・浮世風呂 2
例として示す意を表す。 「己れ-・やうな変な物が世間にも有るだらうかねえ/わかれ道 一葉」 「お前-・やうにそう無暗に二郎の口車に乗つちやいけないよ/行人 漱石」 〔近世江戸語では「を見たようだ」の形で多く用いられたが、のちに「を」を伴わずに体言に直接つづけて用いるようになった。この語の転として、明治中期以降、助動詞「みたいだ」が成立した〕 → みるようだ(連語)みたいだ(助動詞)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見たようだの関連情報