比況(読み)ヒキョウ

デジタル大辞泉「比況」の解説

ひ‐きょう〔‐キヤウ〕【比況】

他とくらべて、それにたとえること。
文法で、動作・状態などを他とくらべ、たとえていう言い方。文語では助動詞ごとし」「やうなり」、口語では「ようだ」などをいう。「比況助動詞」
[類語]擬人たとえ比喩形容象徴縮図たとえば直喩明喩隠喩暗喩諷喩・寓喩・提喩換喩・声喩・メタファーアレゴリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「比況」の解説

ひ‐きょう ‥キャウ【比況】

〙 他とくらべること。他とくらべて、それにたとえること。喩。
※寂室録(1367)聞「鶴唳那曾堪、深花影裏幽簧」 〔漢書‐刑法志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「比況」の解説

【比況】ひきよう(きやう)

なぞらえる。〔漢書、刑法志〕の後姦猾(かんくわつ)巧法、轉(うた)た相ひ比況し、禁罔(やうや)く密なり。律令(すべ)て三百五十九、大辟四百九條、千十二事。

字通「比」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android