見る目(読み)ミルメ

デジタル大辞泉の解説

みる‐め【見る目】

見たようす。見た感じ。「見る目も鮮やかな色」
他人の目。他人のおもわく。「人の見る目が気になる」
物事の真偽・優劣を見分ける力。眼力(がんりき)。眼識。「人を見る目がない」
見ること。会うこと。
「―に飽くは、まさなきことぞよ」〈紅葉賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みるめ【見る目】

他人の目。はた目。おもわく。 「 -を気にする」 「人の-がうるさい」
物事を見ぬく能力。鑑識眼。 「 -がある」 「 -なし」
物事の見方。視点。 「 -を変える」
会うこと。会う機会。 「 -の難く、行きあふせあるまじき事/とりかへばや」
見た様子。見た目。外見。 「この源氏、ただ今の-よりも/宇津保 藤原君
[句項目] 見る目嗅ぐ鼻

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見る目の関連情報