見咎(読み)みとがめる

  • みとが・める

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他マ下一〙 みとが・む 〘他マ下二〙
① 悪事や欠点などを見てそれを非難する。また、ある物事を見て不審に思う。不審な物事を見て、問いただす。
※続日本紀‐天平神護元年(765)八月一日・宣命「人の不当(なめく)(いや)無しと見咎牟流(みとがムル)をも知らずして」
② 見てそれと知る。見て気づく。見つける。特に、珍しいもの、すぐれているものに注目して取りあげる。
※源氏(1001‐14頃)野分「かの妻戸のあきたりけるよと今ぞみとがめ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見咎の関連情報