コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻戸 つまど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻戸
つまど

表面の平らな扉。板扉。平安時代寝殿の妻 (→妻入り ) に用いたところからこの名がある。上下に板のそりを止める端喰 (はしばみ) を入れ,つり元に八双 (はっそう) 金具を打つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つまど【妻戸】

寝殿造住宅に用いられた両開きのをいう。元来は建物の妻,つまり棟と直交する方向の側面に設けられたため,この名がある。寝殿造の外周建具は蔀戸(しとみど)が主で,これは必要に応じて柱間全部を開け放てる利便があるが,夜間や風雨の強い日にひとたび閉じてしまうと開けるのが容易でない。そこで出入口として数ヵ所に,開閉のたやすい両開きの板戸を設けていた。後には家の端(つま)の方にある両開き戸をもさすようになる。【清水

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つまど【妻戸】

寝殿造りで、出入り口として建物の端に設けた両開きの板戸。
家の端に設けた両開きの戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妻戸
つまど

寝殿造の住宅で、出入口に設けた両開きの板製の扉。寝殿造では、周囲の建具は蔀(しとみ)であったため、出入りには不便であり、そのため建物の端の隅に板扉を設けて出入口とした。妻は端を意味し、端にある扉であるために妻戸とよばれた。寺院建築や神社建築では板扉を板唐戸(いたからと)という。妻戸は板唐戸の形式の扉であったため、この形式の扉は建物の端に設けられなくても、すべて妻戸の名でよばれるようになった。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の妻戸の言及

【寝殿造】より

…間仕切はほとんどない。建物の周囲には蔀戸(しとみど)を吊り,両側面にのみ夜間や風雨の強いときの出入口として両開きの妻戸(扉)が設けられた。四周には縁をめぐらし,上等な家では高欄が付けられた。…

【戸】より

…同じ回転式であるが,扉とは異なって水平方向に回転軸を持つのが〈蔀戸(しとみど)〉である。寝殿造では蔀戸に対し,扉形式の戸は〈妻戸(つまど)〉と呼ばれた。これは元来,建物の妻(棟の両端の側面)に設けられていたことから生まれた名で,出入口として使われた。…

※「妻戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

妻戸の関連キーワード弥彦舞楽(やひこぶがく)明かり障子・明り障子折り妻戸・折妻戸仮名手本忠臣蔵出入り口塗り籠めかんぬき殿上の間柱寄せ見入る舞良戸物床し上の戸妻戸口きりり夜御殿唐戸咳く塗籠玄関