コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見巧者 ミゴウシャ

2件 の用語解説(見巧者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐ごうしゃ〔‐ガウシヤ〕【見巧者】

[名・形動]芝居などになれ通じていて、見方のじょうずなこと。また、その人や、そのさま。「見巧者な(の)劇通」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みごうしゃ【見巧者】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
芝居などを見なれていて、見方のじょうずな・こと(さま)。そのような人をもいう。 「 -な人」 「 -たちも、児童こどもしうも、あとで結了まとまるのをまちたまへや/当世書生気質 逍遥

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見巧者の関連キーワード該博楽屋雀すし明哲芝居掛り慣れっこ馴れ馴れしい不慣れ幕になる夢になれ夢になれ

見巧者の関連情報