コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見者 ケンジャ

デジタル大辞泉の解説

けん‐じゃ【見者】

《「けんしゃ」とも》見る人。見物人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしゃ【見者】

〔「けんじゃ」とも〕
見る人。見物人。特に、能の見物人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の見者の言及

【シャマニズム】より


[種類]
 シャーマンは超自然的存在との直接接触・交流の仕方における特徴から,いくつかに区分される。神霊・精霊がシャーマンに憑入し,人格が霊格化して直接話法で言動するのは〈霊媒〉,シャーマンが神霊・精霊の姿を目にし,声を耳にして間接話法でふるまうのが〈予言者〉,ろうそくや線香の燃えぐあいなどに神意を読みとるのが〈見者〉であるとされる。いずれにせよ,その前提には神・人の直接交流の事実があり,通常,意識・心理の変異が見られる点で共通している。…

【ランボー】より

…後世のいう〈反抗者〉または〈無頼漢〉ランボーの出現である。71年のパリ・コミューンに際しては革命的情熱を噴出させる一方,同年5月の〈見者の手紙Lettre du voyant〉と呼ばれる2通の私信で,独自の詩的覚醒を告げる信念を表明,詩人はあらゆる感覚の方法的攪乱により〈未知〉に到達すべきであるとした。この自覚に立つ《母音》《酔いどれ船》などの詩編は初期の代表的傑作で,急速に移動する視点がとらえた万象の客観的イメージの定着という,彼の詩の特性がすでに十分に現れている。…

※「見者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見者の関連キーワードアルマウエル・ゲルハルト・ヘンリク ハンセンドミトリー・イヴァノヴィチ メンデレーエフフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)ローランド・d. ルネヴィルサツマウツノミヤリュウカタヤマガイ(片山貝)ステノ‐スミスの法則ジンジャントロプスイリュミナシオンマッキントッシュエシェリヒアコリ世界糖尿病デーマイスナー小体ヘレラサウルスボイニッチ手稿不定比化合物定比例の法則エウブリデスパーマー半島オージェ電子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見者の関連情報