コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見返り柳 ミカエリヤナギ

デジタル大辞泉の解説

みかえり‐やなぎ〔みかへり‐〕【見返り柳】

吉原遊郭の出入り口大門にあった柳。朝帰りの客が、あとを振り返るあたりにあったところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みかえりやなぎ【見返り柳】

江戸時代、江戸の日本堤から吉原遊郭の大門へ下る衣紋坂にあった柳。遊客が遊女との後朝きぬぎぬの別れに、あとを振り返るあたりにあったことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の見返り柳の言及

【橋】より

…〈ささやきの橋〉の名称は,占いを求めてその橋を渡ると,神の霊示があるとされたことに由来する。京都島原の遊廓の前にあった〈思案橋〉は,橋占のためにその上をしばらく行きつ戻りつしたことにちなんでおり,その脇には見返り柳のような神の宿る木も植えられていた。姿不見橋,面影橋などの名称も,これらと一連のものである。…

※「見返り柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見返り柳の関連キーワード長崎県長崎市本石灰町『たけくらべ』高橋昌男江戸時代日本堤衣紋坂遊女遊客

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見返り柳の関連情報