コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たけくらべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たけくらべ

樋口一葉の小説。 1895~96年発表。吉原遊郭という特殊な環境の風物人情をちりばめながら,少年少女の美しくも哀れな性の目ざめを描き,写実と抒情のとけあうみごとな世界を築いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

たけくらべ

樋口一葉の短編小説。1895年―1896年《文学界》に発表,1896年《文芸倶楽部》に補正再録。森鴎外,幸田露伴斎藤緑雨に激賞された。大黒屋の美登利,竜華寺の信如,田中屋の正太郎など,吉原の花街近くに住んで思春期にさしかかろうとする少年少女の姿を,雅俗折衷体の文章で抒情的に描く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけくらべ

樋口一葉の短編小説。1895‐96年(明治28‐29)《文学界》に連載。一葉の代表作であるばかりでなく,明治文学の中でも,もっとも完成度の高い短編の一つ。下谷竜泉寺で駄菓子屋を開いていたころの一葉の見聞を素材に,思春期にさしかかった少年少女の愛の目ざめを,吉原遊廓周辺の風物と四季の移りかわりを背景に描いた作品で,遊女となる運命が予定されているおきゃんな美少女美登利と,竜華寺の跡取りになる内気な少年信如との淡い恋を中心に,ムラのマツリがマチのマツリ酉の市(とりのいち)に圧倒されていく都市化現象の文脈の中に,子どもたちのよろこびとかなしみ,そしてまたアソビの相が浮きぼりにされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけくらべ

小説。樋口一葉作。1895(明治28)~96年「文学界」に発表。東京下谷大音寺前を舞台に、思春期の少女美登利の微妙な心理の動きを細やかに描いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たけくらべ
たけくらべ

樋口一葉(ひぐちいちよう)作の中編小説。1895年(明治28)1月~96年1月『文学界』断続連載。96年4月『文芸倶楽部(くらぶ)』一括掲載。吉原近くの大音寺前に住む思春期まぢかの子供たちが主人公で、8月20日千束(せんぞく)神社の祭りでの表町組(美登利(みどり)、正太郎、三五郎ら)と横町組(信如(しんにょ)、長吉ら)とのけんかから始まり、このとき「子供中間(なかま)の女王様(にょおうさま)」美登利は乱暴者長吉に恥ずかしめられたが、長吉の後ろには信如がいると誤解し、以後、彼女と信如とは疎遠になる。美登利の姉は遊女で、彼女もやがてその「跡継ぎ」を約束されており、信如は生ぐさ和尚(おしょう)の息子で、彼も出家になる運命である。美登利は、自分でも無意識だったが、実は信如に心ひかれていた。やがて彼女は初潮を迎え、女らしくなったが、「或(あ)る霜の朝」彼女の家の門に「水仙の造り花」が差し入れられた。信如が僧となる日だった。精妙な心理小説で哀愁がただよう不朽の名作。森鴎外(おうがい)、幸田露伴(ろはん)も絶賛した。[岡 保生]
『『樋口一葉全集1』(1974・筑摩書房) ▽『にごりえ・たけくらべ』(新潮文庫) ▽『全集 樋口一葉2』(1979・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のたけくらべの言及

【三人冗語】より

…〈頭取(とうどり)〉(鷗外)による作品紹介に続いて,〈ひいき〉〈さし出〉などの変名の人物が批評する形式をとる,最初の匿名座談会形式の文芸時評。当時の批評界の権威として,多くの作品を辛辣に批判したなかで,樋口一葉の《たけくらべ》に対する批評(第4号)は,この小説を絶賛し,彼女の文名を一躍高めたことで有名である。なおこの批評欄は第8号から,上記3人に,依田学海,饗庭篁村(あえばこうそん),森田思軒,尾崎紅葉らを加えて〈雲中語(うんちゆうご)〉に発展し,評壇に君臨した。…

※「たけくらべ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

たけくらべの関連キーワード呼び連れる・呼連れる付け景気・付景気心一杯・心一盃巻き帯・巻帯まじくない捲し掛ける捩じ鉢巻き雅俗折衷文猪牙掛かるからっきり喧嘩買い日日夜夜かつふつくすくす岩波文庫冠っ切り然らでも未練臭いそそり節汗になる

たけくらべの関連情報