コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視距 しきょ

1件 の用語解説(視距の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

視距【しきょ】

自動車の運転者が道路前方を見通すことのできる距離。道路構造令によれば,車道の中心線上1.2mの高さから車道の中心線上にある高さ10cmの物の頂点を見通すことのできる距離を車道の中心線に沿って測った長さをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の視距の言及

【道路】より

… おおむね20年後の交通量を目途として設定される設計交通量は,現在の交通量のほかに改良により他の道路より転換してくる交通量,供用期間中の増加交通量および沿道の開発により新たに発生する交通量を合わせたもので,1時間当りのあるいは1日当りの通過台数で表される。道路のある地点を1時間に通過しうる自動車の台数を道路の交通容量といい,これは道路幅,視距(見通し距離),トラックの混合割合,走行速度などの条件によって大きく変化するが,理想的な状態で自動車が1.5秒間隔で連続走行する場合を2500台/hとし,実用的には道路種別により1000~2000台/hを基準としている。交差点では容量が著しく小さくなり,信号のある交差点の交通容量は緑信号1時間当り,流入部で最大1800台である。…

※「視距」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

視距の関連キーワードテストドライバードライバープリンタードライバードライバー・ブランドドライバー機能ドライバー要因オーナードライバー視界マイナスドライバードライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

視距の関連情報