コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚弥/隔夜 カクヤ

2件 の用語解説(覚弥/隔夜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくや【覚弥/隔夜】

古漬けを細かく刻んで塩出しし、醤油をかけたもの。江戸時代の初め、徳川家康の料理人岩下覚弥の創始とも、高野山の隔夜堂の歯の弱い老僧のために作られたからともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくや【覚弥】

古漬けの香の物を塩出しし、細かく刻んで醬油をかけたもの。隔夜。 〔江戸初期に、岩下覚弥という人が始めたとも、高野山の隔夜堂を守る老僧のために始めたともいう〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚弥/隔夜の関連キーワード栗餡剉剤塩出し辛皮漬刻み漬紫蘇醤古漬山葵漬け鱧茶漬け古漬け