覚束げ(読み)おぼつかなげ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼつかな‐げ【覚束げ】

〘形動〙 (形容詞「おぼつかない(覚束━)」の語幹に接尾語「げ」の付いたもの)
① 様子がはっきりしないさま。いかにも気がかりだと思っているさま。
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「殿の御事を、いとおぼつかなげに思きこえ給めるになん、くづほれ給とみえ給ふ」
② たよりなさそうなさま。しっかりしていないさま。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一「思出したらむが如く煙管を取りて、覚束無(オボツカナ)げに一服吸ひつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android