コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚満淵 カクマンブチ

2件 の用語解説(覚満淵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくまん‐ぶち【覚満淵】

群馬県中東部、赤城山の山頂近くにある高層湿原。標高1360メートル、周囲約1キロメートル大沼(おの)小沼(この)のほぼ中間に位置する。ニッコウキスゲミズバショウなど高山植物が咲く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕覚満淵(かくまんぶち)


群馬県中部、赤城(あかぎ)山の火口原湖大沼(おの)の南東0.6kmにある湿原。標高1360m。かつては湖であったが、湖水が覚満川で大沼に流出し、湿原化。ミズバショウモウセンゴケニッコウキスゲなど高山植物やコケ類が群生。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚満淵の関連情報