コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高層湿原 コウソウシツゲン

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐しつげん〔カウソウ‐〕【高層湿原】

低温・過湿で塩類の乏しい貧栄養の所にできる湿原ミズゴケが多く、泥炭化が進んで盛り上がった所ができる。高山や高緯度地方に多い。尾瀬ヶ原八島ヶ原など。→低層湿原

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうそうしつげん【高層湿原】

栄養塩類の少ない低温湿地に発達する湿原。ミズゴケを主とし、まばらな草本から成る。ミズゴケは中央部によく生育し泥炭化するため、中央部に高まりができるので「高層」という。日本中部では1200メートル 以上の地に発達する。尾瀬ヶ原が著名。 ↔ 低層湿原

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の高層湿原の言及

【高山植物】より

…また,岩壁の地下水がしみだしたり,雲霧が凝結して水滴を落とすような湿潤な裂け目には,ミヤマダイモンジソウ,ムカゴユキノシタ,ヒメセンブリ,クロクモソウなどが生育する。 火山活動の結果,火山灰が堆積したり,溶岩流によって形成された台地や凹地にはしばしば泥炭が堆積して水の浸透がさえぎられ,高層湿原が発達する。こうした場所には各種のミズゴケが生えるが,ワタスゲ,ヤチカワズスゲ,イワイチョウ,タテヤマリンドウ,イワショウブ,キンコウカ,ミヤマイ,ミネハリイなどが群生する。…

【湿原】より

…栄養物質に富み酸性度も高くない水に涵養される鉱物質栄養性(富栄養性)湿原fenと,涵養水が雨水に限られ,栄養物質が少なく酸性の水に涵養される降水栄養性(貧栄養性)湿原bogとに大別され,中間のものを中栄養性湿原という。地下水位との関係でできた語で,よく用いられている低層湿原low moor,中間湿原middle moor,高層湿原high moorという呼び方は,それぞれ貧・中・富栄養性湿原の意味で使われている。
[湿原の遷移]
 泥炭湿原のでき方には,湖沼の陸化による場合と,草原や森林の排水不良や湧水での沼沢化による場合とがあり,沼沢湿原,低層湿原,高層湿原へと進行するのが普通である。…

※「高層湿原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高層湿原の関連キーワードコオニユリ(小鬼百合)十和田八幡平国立公園天生県立自然公園駒ヶ岳(福島)ホソバノシバナ高位ムーア泥炭ツルコケモモホロムイソウ高層湿原泥炭ミカヅキグサ片品[村]雨竜[町]雨竜沼湿原熊ノ湯温泉蛭ヶ野高原腐植栄養湖霧ヶ峰高原田村 一男指標植物暑寒別岳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高層湿原の関連情報