コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚道法親王 かくどうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚道法親王 かくどうほうしんのう

1500-1527 戦国時代,後柏原(ごかしわばら)天皇の第2皇子。
明応9年8月11日生まれ。永正(えいしょう)7年真言宗仁和寺(にんなじ)真光院にはいり,尊海にしたがって出家。翌年親王となる。13年(1516)法金剛院観音堂で灌頂(かんじょう)をうけ,仁和寺総法務となった。大永(たいえい)7年10月23日死去。28歳。号は後禅河院御室。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚道法親王の関連キーワード道喜(1)戦国時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android