コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永正 エイショウ

デジタル大辞泉プラスの解説

永正

鹿児島県、濱田酒造が製造する焼酎の商品名。鹿児島県串木野の霊峰冠岳の湧き水を割り水に使用した本格麦焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

えいしょう【永正】

年号(1504.2.30~1521.8.23)。文亀の後、大永の前。後柏原天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいしょう【永正】

日本の元号(年号)。室町時代(戦国時代)の1504年から1521年まで、後柏原(ごかしわばら)天皇の代の元号。前元号は文亀(ぶんき)。次元号は大永(たいえい)。1504年(文亀4)2月30日改元。甲子革令(かっしかくれい)を理由として行われた(甲子改元)。1504年は甲子の年にあたり、徳を備えた人に天命が下される革令の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。『周易緯(しゅうえきい)』を出典とする命名。永正年間の室町幕府の将軍は足利義澄(よしずみ)(11代)、足利義稙(よしたね)(10代)。1507年(永正4)、幕府の権力を掌握していた細川氏(京兆家)の内部対立から、細川政元(ほそかわまさもと)が暗殺されるという事件(永正の錯乱(さくらん))が起こった。この事件をきっかけに、畿内では将軍家を巻き込んで各勢力が対立・衝突する戦乱(両細川の乱)が始まった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永正の関連キーワード大乗院寺社雑事記滋賀県栗東市上鈎堆朱楊成(5代)青蓮院宮尊応准后万里小路賢房慶光院守悦尼姉小路済継飛鳥井頼孝西園寺公藤祐定(2)今出川公彦森村弥三郎勧修寺常信後柏原天皇勧修寺経郷仁悟法親王富小路俊通姉小路基綱綾小路俊量柳原量光

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永正の関連情報