親祭(読み)シンサイ

大辞林 第三版の解説

しんさい【親祭】

( 名 ) スル
君主がみずから神をまつること。 「天皇の-し給ふ所にして/明六雑誌 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐さい【親祭】

〘名〙 天皇がみずから神をまつること。天皇や国王などがみずから祭の式を執り行なうこと。
※明六雑誌‐九号(1874)政論・一〈津田真道〉「天皇の親祭し給ふ所にして、百僚儀に陪し」 〔漢書‐郊祀志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android