コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政論 セイロン

デジタル大辞泉の解説

せい‐ろん【政論】

政治に関する意見議論

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいろん【政論】

政治的意見,理,主義,思想,政策などを総称する概念で,今日ではほとんど使われないが,明治10年代から20年代にかけて,一定の政治的立場に立って出される政治的言説一般を意味することばとして使われた。とくに,1881年の国会開設の詔勅から帝国議会開幕ごろまでの10年間は政論隆盛の時代で,この時期の前後には天賦人権論などの自由民権説,皮相の欧化政策への反対論としての国粋主義などさまざまな政論が興亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいろん【政論】

政治上の事柄に関する議論。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

政論の関連キーワードシュネシオス[キュレネの]ジョン ウィルクスアルカディウスシュペングラー東洋自由新聞郵便報知新聞グリーリー東京曙新聞福本 日南ハクルート文明一統記近時政論考羽田恭輔デュボア吉野作造村山竜平嚶鳴雑誌ビアード池辺三山安岡雄吉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政論の関連情報