観心覚夢鈔(読み)かんじんかくむしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじんかくむしょう クヮンジンカクムセウ【観心覚夢鈔】

法相唯識学の入門書。三巻。良遍が寛元二年(一二四四)に述作。鎌倉新仏教に対抗して唯識の教学を初心者向きに明らかにしたもの。覚夢鈔。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android