コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛元 カンゲン

大辞林 第三版の解説

かんげん【寛元】

年号(1243.2.26~1247.2.28)。仁治の後、宝治の前。後嵯峨・後深草天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんげん【寛元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1243年から1247年まで、後嵯峨(ごさが)天皇、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は仁治(にんじ)。次元号は宝治(ほうじ)。1243年(仁治4年)2月26日改元。後嵯峨(ごさが)天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋書(そうじょ)』を出典とする命名。1246年(寛元4)、後嵯峨天皇は4歳の後深草天皇に譲位し、院政を敷いた。後深草天皇は在位中、直接政務をとることはなかった。寛元年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、執権は北条経時(つねとき)(4代)、北条時頼(ときより)(5代)。藤原頼経は第3代将軍の源実朝(さねとも)の死後、2代執権の北条義時(よしとき)や北条政子(まさこ)(源頼朝(よりとも)正室)によって擁立された傀儡将軍。当初は実権をもたなかったが、反北条得宗家勢力が頼経のもとに集まるようになり、次第に幕府内での権力基盤を固めていった。寛元年間には頼経は執権の北条経時と対立、1244年(寛元2)に嫡男の頼嗣に将軍職を譲るよう迫られ、1246年(寛元4)には執権を引き継いだ北条時頼によって京都に送還された。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

寛元の関連キーワード尊快入道親王(1)後嵯峨院中納言典侍尊守法親王(1)藤原公子(1)平盛時(3)定慶(3)道生(1)阿比留秋依二階堂行藤能子内親王西園寺実氏良勝(1)弁内侍日記信寂(1)観心覚夢鈔新田政義斎藤清時蘭渓道隆今川国氏安達顕盛

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛元の関連情報