コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛元 カンゲン

3件 の用語解説(寛元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんげん〔クワンゲン〕【寛元】

鎌倉中期、後嵯峨天皇後深草天皇の時の年号。1243年2月26日~1247年2月28日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんげん【寛元】

年号(1243.2.26~1247.2.28)。仁治の後、宝治の前。後嵯峨・後深草天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

かんげん【寛元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1243年から1247年まで、後嵯峨(ごさが)天皇、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は仁治(にんじ)。次元号は宝治(ほうじ)。1243年(仁治4年)2月26日改元。後嵯峨(ごさが)天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋書(そうじょ)』を出典とする命名。1246年(寛元4)、後嵯峨天皇は4歳の後深草天皇に譲位し、院政を敷いた。後深草天皇は在位中、直接政務をとることはなかった。寛元年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、執権は北条経時(つねとき)(4代)、北条時頼(ときより)(5代)。藤原頼経は第3代将軍の源実朝(さねとも)の死後、2代執権の北条義時(よしとき)や北条政子(まさこ)(源頼朝(よりとも)正室)によって擁立された傀儡将軍。当初は実権をもたなかったが、反北条得宗家勢力が頼経のもとに集まるようになり、次第に幕府内での権力基盤を固めていった。寛元年間には頼経は執権の北条経時と対立、1244年(寛元2)に嫡男の頼嗣に将軍職を譲るよう迫られ、1246年(寛元4)には執権を引き継いだ北条時頼によって京都に送還された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寛元の関連キーワード定禅私年号年号逸年号仁治宝治暦仁和暦道生(1)樋口芳麻呂

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛元の関連情報