コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛元 カンゲン

3件 の用語解説(寛元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんげん〔クワンゲン〕【寛元】

鎌倉中期、後嵯峨天皇後深草天皇の時の年号。1243年2月26日~1247年2月28日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

かんげん【寛元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1243年から1247年まで、後嵯峨(ごさが)天皇、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は仁治(にんじ)。次元号は宝治(ほうじ)。1243年(仁治4年)2月26日改元。後嵯峨(ごさが)天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋書(そうじょ)』を出典とする命名。1246年(寛元4)、後嵯峨天皇は4歳の後深草天皇に譲位し、院政を敷いた。後深草天皇は在位中、直接政務をとることはなかった。寛元年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、執権は北条経時(つねとき)(4代)、北条時頼(ときより)(5代)。藤原頼経は第3代将軍の源実朝(さねとも)の死後、2代執権の北条義時(よしとき)や北条政子(まさこ)(源頼朝(よりとも)正室)によって擁立された傀儡将軍。当初は実権をもたなかったが、反北条得宗家勢力が頼経のもとに集まるようになり、次第に幕府内での権力基盤を固めていった。寛元年間には頼経は執権の北条経時と対立、1244年(寛元2)に嫡男の頼嗣に将軍職を譲るよう迫られ、1246年(寛元4)には執権を引き継いだ北条時頼によって京都に送還された。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛元の関連情報